ウイルスの増殖を抑えてくれるバルトレックス。主に帯状疱疹やヘルペスに有効な薬とされています。皮膚にはっきり表れる症状だと外出もしづらくなりますよね。そんなつらい症状はバルトレックスですぐに治しましょう!

バルトレックスの効果に驚く男性

ヘルペスで皮膚が赤く腫れた時のバルトレックスと飲酒

口唇ヘルペスができて困った経験がある人は多いです。
口唇ヘルペスや性器ヘルペスの原因となるのは、単純ヘルペスウイルスです。
単純ヘルペスウイルスは、感染力がとても強いです。
ですから、家族に感染者がいる場合は、感染しないように気をつける必要があります。
特に水ぶくれができている時は、ウイルスが多いです。
体の抵抗力が落ちていると、ヘルペスに感染しやすいので注意が必要です。
口唇ヘルペスの場合、接触感染が多いです。
患部を触った手で相手に触れると、感染してしまいます。
性器ヘルペスの場合は、性行為で感染します。
接触だけでなく、ウイルスがついたタオルやコップを使ったために感染することも少なくないです。
単純ヘルペスウイルスに感染すると、水ぶくれができたり、赤く腫れるなど様々な症状が出てきます。
1週間から2週間で、徐々に症状が改善していきます。
ヘルペスウイルスの増殖を抑える薬は、様々な製薬会社から販売されています。
中でも有名な治療薬が、バルトレックスです。
バルトレックスは、ヘルペスウイルスのDNAの複製を阻害することで効果を発揮します。
症状が出てすぐに服用することで、早い回復が期待できます。
5日くらい服用しても症状が改善しない場合は、医師に相談した方がいいです。
バルトレックスは、副作用が少ない薬ですが、飲み合わせによって副作用が出やすくなることがあります。
ヘルペスの治療薬には、様々な種類があります。
内服タイプの薬の他に、塗り薬や注射薬もあります。
症状によって、適した薬を使い分けます。
飲酒の習慣がある人は、薬を服用している期間は飲酒を控えた方がいいです。
また、腎臓が弱い人や高齢の人が服用する場合は、医師とよく相談してから服用することが大事です。