ウイルスの増殖を抑えてくれるバルトレックス。主に帯状疱疹やヘルペスに有効な薬とされています。皮膚にはっきり表れる症状だと外出もしづらくなりますよね。そんなつらい症状はバルトレックスですぐに治しましょう!

バルトレックスの効果に驚く男性

バルトレックスと微熱と飲酒について

風邪を引いたり、ストレスなどで体力が落ちている時に、唇や唇の周りにヘルペスができることがあります。
このヘルペスを口唇ヘルペスと呼びます。
口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスが感染して発症します。
性器ヘルペスも、単純ヘルペスウイルスが原因で発症します。
ヘルペスは、珍しくない感染症です。
子供に頃に水ぼうそうにかかった人は多いですが、水ぼうそうもヘルペスウイルスが原因で起こります。
ヘルペスウイルスは、感染すると、治っても神経細胞の中に潜みます。
潜伏している間は症状が出ないのですが、体の抵抗力が落ちている時などにウイルスが増えて、水ぶくれなどが皮膚に出てきます。
症状が治っても、再発することが多いのがヘルペスの特徴のひとつです。
単純ヘルペスウイルスに感染すると、水ぶくれができ、皮膚が赤く腫れ、微熱が出ることもあります。
口唇ヘルペスや性器ヘルペスの治療薬として、世界中で使われている治療薬が、バルトレックスです。
大手製薬会社が開発したバルトレックスは、抗ウイルス薬で、バラシクロビル塩酸塩が主な成分です。
DNA複製を阻止することで、効果を発揮します。
症状によって、薬の使用量が異なります。
一般的に、ヘルペスは皮膚科で治療を行います。
性器ヘルペスの場合は、泌尿器科や婦人科で治療することも可能です。
適切な治療を行えば、ヘルペスは1週間から2週間で治ります。
普段から飲酒の習慣がある人は、ヘルペスの治療中は飲酒を控えた方が安心です。
ヘルペスウイルスは感染力が強いので、他の人が感染しないように気を付ける必要があります。
口唇ヘルペスは、接触感染が多いので、患部を触った手で相手に触らないようにします。
また、家族と同じタオルやコップを使うことも控えます。
性器ヘルペスの場合は、性行為で感染するので、感染が広がらないように注意する必要があります。