ウイルスの増殖を抑えてくれるバルトレックス。主に帯状疱疹やヘルペスに有効な薬とされています。皮膚にはっきり表れる症状だと外出もしづらくなりますよね。そんなつらい症状はバルトレックスですぐに治しましょう!

バルトレックスの効果に驚く男性

バルトレックスの優れた効果

バルトレックスで撃退されるウイルス

バルトレックスは世界中で利用されている抗ウイルス薬の一種です。抗ウイルス薬に分類されることからもわかるようにバルトレックスは人体に入りこんだウイルスを攻撃するように作られており、具体的にはウイルスが増殖をする際に行うDNA鎖の延長を停止させて複製を阻害する効果があります。この効果の優れているところは何と言っても効果が出るのが早いということです。ウイルス感染症の症状が出ている場合には一日二回の服用で、発症の予防が目的の場合は一日一回の服用をするだけで良いため、薬さえあれば自宅に居ながら簡単にウイルスに対して対抗していくことが出来るようになります。例えばバルトレックスがよく処方されるウイルス感染症となっているのがヘルペスなのですが、性器ヘルペスの治療にバルトレックスが使われる場合は一日二回の服用を計五日間続けていけば良いだけです。これによって人体の中に存在する70%のヘルペスウイルスの増殖を停止させて症状の悪化を防ぐことができ、あとは人間の抵抗力などで症状が落ち着くように治療していくことが出来るようになります。ただ注意が必要なのは、効果が出るのが早いということは短い期間の服用で良いというわけではないことです。特に多いのがヘルペスの治療をする目的でバルトレックスを飲み始めた際、三日ぐらいで症状が落ち着いたのを見て服用を中断してしまう人です。しかし症状が治まったのはウイルスの増殖が停止されたからであり、ウイルスそのものが根絶されたからではありません。よってこうした使い方をしてしまうと症状が再発するばかりか、無意味にウイルスに耐性を付けてしまうことになりかねません。もし耐性が付いてしまうと最も効果的なはずのバルトレックスが使えなくなるなどのこともあり得ますから、薬はくれぐれも用法用量を適切に守って使うように心がけてください。

バルトレックスはどれくらいの服用期間で治るのか?

バルトレックスの服用期間について考える男性

バルトレックスの服用期間は、単純ヘルペスウイルス1型による口唇ヘルペスや単純ヘルペスウイルス2型による性器ヘルペス、水痘・帯状疱疹ウイルスによる帯状疱疹など感染したウイルスの種類により服用期間が異なります。性器ヘルペスの服用期間は、一般的に初感染の場合は1日2回1錠を10日間内服し、口唇ヘルペスの服用期間は1日2回1錠を5日間内服し、帯状疱疹の場合は1日3回2錠を7日間内服します。バルトレックスは、従来の同種の医薬品に比べ即効性があり、服用後2日から3日で症状が鎮静化しますが、自己判断でバルトレックスの服用を中断せず医師に指示された期間しっかりと服用する必要があります。バルトレックスは、主成分バラシクロビルが宿主細胞内のデオキシチミジンを燐酸化する酵素チミジンキナーゼの効果により三燐酸化され、DNAを構成する核酸のデオキシグアノシン三燐酸の分子構造と類似するアシクロビルに活性化され、DNA複製時にアシクロビルとデオキシグアノシン三燐酸が置換される事でDNA鎖の伸長を抑制し、ウイルス増殖を阻害する効果を示します。又、バルトレックスは、活性代謝物アシクロビルに必須アミノ酸バリンを付加する事で、アシクロビルの副作用で多かった腹痛や胃痛などの胃部の不快感を軽減し、腸での吸収率を高め生態学的利用能を飛躍的に高め服用回数を1日2回から3回に減少させています。バルトレックスは、ウィルス増殖時だけでは無く、神経節で休眠しているウイルスの再活性を促進するDNAポリメラーゼの働きを阻害する効果があり、8週間から最大1年間再発予防治療薬として投与され、体内のヘルペスウイルスを約3分の1程度に減らす効果があります。

バルトレックスは病院以外でも購入できるのか?

バルトレックスをインターネットで購入する男性

バルトレックスは性感染症に感染しているとわかった場合に処方されることが多い薬ですが、性感染症に感染したということで病院に行くのは恥ずかしいと感じている人は少なくありません。ただだからと言って性感染症を放置しているわけにも行きませんからどうにかして手に入れなくてはならないわけですが、そこで出てくるのが「病院以外で購入することはできないのか」という疑問です。これについて結論から述べると、バルトレックスはインターネット通販でも買うことが可能です。具体的には個人輸入といって海外の医薬品販売業者から直接購入する方法なのですが、これは日本国内の法律においては特に禁止されていることではありませんから問題なく利用することが出来ます。また最近ではインターネット上で個人輸入を代行している業者も多く出てきていますから、そうした業者を利用すればよりスムーズにバルトレックスを購入することが出来るようになるでしょう。ただ二つ注意が必要な点もあり、まず一つ目が「偽薬を掴まされないようにしなくてはならない」ということです。日本国内で薬が処方された場合にはまず偽物と言うことはありませんが、海外から直接購入するとなると偽物を買わされるリスクが出てきます。特に相場よりも遥かに安い価格で販売されているものなどはその疑いが強く持たれますから、偽薬では無いかどうか見抜く必要があるのです。次に二つ目が「バルトレックスは全ての性感染症に有効なわけではない」ということです。バルトレックスは特にヘルペスをはじめとしたウイルス感染症に有効な薬ですが、例えばクラミジアであれば抗菌薬が必要になりますしカンジダであれば抗真菌薬が必要です。もし自分が感染している病気に確信が持てないということであれば、無理をして個人輸入するよりも病院を受診して検査を受けるようにしてください。